化学成分と天然成分の白髪染め

2012年6月15日

精油のいろいろな使い方

Filed under: 美容 — admin @ 2:00 AM

香水
普段から香水を使っているという方で、少し香りを変えてみたいと思うならアロマオイルを試してみてはいかがでしょうか?。
無水エタノールを用意する必要があります。ドラッグストアで購入できます。
香水は、アルコールに対するアロマオイルの割合が15%~30%のものです。
無水エタノールを5ml使って20%濃度の香水を作る場合は、5ml×0.20=1mlとなるので1ml分のオイルを用意します。
1滴が約0.05mlなので、1÷0.05=20で20滴使うことになります。
この計算を覚えておけば、無水エタノールの量を増やして作る場合も、オイルを何滴使えばいいのか知ることができます。
無水エタノールを容器にいれたらオイルを入れてかき混ぜるだけです。最初はアルコール臭さが気になってしまうので、2~3週間ほどそのままにしておくといいでしょう。

お風呂
お風呂でゆっくり入浴すると、それだけでストレスや疲れを緩和できますね。
そこにお好みのアロマオイルの香りが加われば、効果アップです。
初めてのアロマバスをする場合は、3滴から5滴くらいが最適です。少なく感じるかもしれませんが、温められた香りは強く感じるので少量から始めるのが賢明です。
お湯の温度は、40度以下のぬるめに設定し長時間入るのが効果的です。
半身浴をしながらマッサージするのも効果アップでしょうね。
ただ、3歳未満の赤ちゃんは肌が敏感なので、アロマバスは避けたほうが避けたほうがいいでしょう。

Powered by WordPress