化学成分と天然成分の白髪染め

2015年1月7日

内部補修トリートメントの正しい選び方

Filed under: 美容 — admin @ 4:53 PM

内部補修トリートメント

内部補修トリートメントとは、ダメージを受けた髪を内部から修復するトリートメントのことです。

健康な美髪は、髪の内部に水分、油分、タンパク質がバランスよく含まれており、キューティクルがキレイに並んでいる状態です。
しかし、紫外線、パーマ、静電気、栄養不足など、私たちの日常生活にはキューティクルを脅かす危険がいっぱい!
ダメージヘアからは絶えず水分が蒸発し、栄養が流出している状態。放置しておくとパサパサになり枝毛、切れ毛の原因になります。

そこで救世主となるのがこの補修トリートメント。空洞になった髪の内部に、必要な油分、水分、タンパク質を補給し健康な状態に近づけます。

 
<内部補修トリートメントの選び方>

美容院はもちろん、市販でも内部補修トリートメントが販売されており、髪質や髪の状態に合わせて商品を選ぶことが出来ます。
しかし、トリートメントの中には補修効果のある成分が含まれていない商品も多くあるので注意が必要!
特に市販品は、髪の表面にツヤを与え指通りを良くする外部コーティング成分がメインで、内部補修しないタイプが多いのも事実です。

髪の毛のタンパク質は18種類のアミノ酸で形成されているため、「必須アミノ酸成分」を含んだ商品を探すことをおすすめします。
また加水分解ケラチン、加水分解コラーゲンなどの「加水分解成分(PPT)」は髪の内部に浸透しやすく、優れた保湿力を発揮します。

上記成分が多く含まれた内部補修トリートメントは、サロン商品であるケースが多く安価ではありませんが、
シャンプーやリンス+αで髪のコンディションを整えることが重要です。

しかし、忘れてはいけないのが「一旦壊れたキューティクルに自己再生機能はない」こと。補修トリートメントはあくまでも
ダメージがこれ以上悪化しないための応急処置にすぎません。ダメージが進行している場合は、思いきってその部分をカットする勇気も必要です。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ

Powered by WordPress