化学成分と天然成分の白髪染め

2015年6月30日

白髪染めに含有する薬剤の危険性、安全なカラートリートメントの選び方について

Filed under: 美容 — admin @ 1:44 PM

白髪染めイメージ

敏感肌の場合、白髪染めに敏感に反応して痒くなったり、沁みてピリピリと痛みを感じることがよくあります。
特に一番怖いケースが、有害成分による「アナフィラキシーショック」です。
一度、アナフィラキシーショックが起こると手足のしびれ、蕁麻疹、嘔吐や呼吸困難など、様々な健康被害が現れます。

そこで、敏感肌の人におすすめなのが「ヘアカラートリートメント」。ヘアカラートリートメントは天然由来成分で出来ており有害成分「ジアミン」を含んでいません。

ヘアカラートリートメントは、キューティクルを破壊することなく、昆布などから抽出した天然成分のみで髪を表面をコーティング。
使い続けることで、髪に潤いやツヤを与える理想的な白髪染めです。

 

<敏感肌の人が商品を購入する際に注意すること>

現在は、地肌・髪に優しい白髪染め商品が多く開発されています。敏感肌・アトピー肌の人が商品を購入する際にはどのような点に注意すればよいのでしょうか。

 
  • 防腐剤、鉱物油、香料、硫酸系界面活性剤、 シリコーンなどの化学成分が無添加の商品
  • 天然由来成分のみの商品

    敏感肌の人が、ヘアカラートリートメントを購入する際には上記の点に留意し、成分表をチェックすることが重要です。

    天然由来成分配合を謳った商品であっても、成分表をみると100%天然成分でないケースもあります。
    特にアトピー性皮膚炎の方は、微量であっても刺激が強すぎることも。必ず全ての成分に目を通しましょう。

    敏感肌・アトピー肌の方が白髪染めを使用する際には、必ずパッチテストを行い肌に問題がないかを観察。
    使用して少しでも刺激を感じた際は、使用を中止してください。

    白髪は、すぐに生えてくるため根元が気になります。定期的なセルフケアで白髪をカバー出来る商品が手元にあると便利。
    自分の肌にあったお気に入りの白髪染めを見つけてみましょう。
 

<白髪染め、おすすめ商品はどれ?>

地肌・髪へのダメージが少ない白髪染めとして注目を集めているのが「ヘアカラートリートメント」。
まさに、ヘアケア+カラーリングを行える新しい白髪染めとして、白髪染め世代に支持されています。

現在は、美容成分が髪にハリ・コシを与えながら、天然素材で優しく髪を染めることが出来る商品が多く開発されています。
「2剤式の染毛剤」特有のアンモニア臭がなく、精油などを使用した香りが楽しめるため、リラックスしながら白髪染めができます。

<手軽なヘアカラートリートメント>

ヘアカラートリートメントは、白髪を染めるための面倒な作業がいりません。入浴時に素手で簡単に染められます。
通常のヘアカラーと比べて退色が早く、週に2~3回使用する必要がありますが、リンス感覚でシャンプーの際に手軽に使用できます。

トリートメントしながら染めるため、染め直し・重ね染めがダメージなく行える手軽さが魅力。
使う度に、天然成分が髪に浸透して潤いがある健康的な髪へと蘇ります。

 

<ヘアカラートリートメントの選び方について>

現在、様々なメーカーからヘアカラートリートメントが発売されています。
髪の状態により、染まり具合や色落ちが異なるため、一概にどの商品がベストであるかは人によって異なります。

しかし、防腐剤、鉱物油、香料、硫酸系界面活性剤などが出来るだけ無添加のものを選ぶことが重要。
白髪染めは頻繁に使用するものですので、髪や地肌へのダメージが少ない商品がおすすめです。

また、髪の成分はタンパク質で出来ていますので、傷んだ髪を補修する成分としてアミノ酸やプロテイン、ケラチンなどトリートメント効果が高い成分もチェックしましょう。

現在は返金保証付きのトライアル商品も販売されていますので、それを利用するのもおすすめです。

特に敏感肌や髪のダメージなどを気にされている方でしたら、「敏感肌の白髪染め比較ランキング(http://www.subterraneans.jp/)」というサイトで、含有される成分の紹介や染まり具合比較など様々な項目で分析されているので、参考にしていただければと思います。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ

Powered by WordPress